キリンカップ争奪第34回県民麻雀選手権大会

  • LINEで送る

 

 

 

 

 

 

 

宮城県内各地から192人の麻雀愛好者が参加! 宮城県麻雀チャンピオンには伊藤浩さんが輝く!

会場のようす

2019年(令和元年)9月1日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』において「キリンカップ争奪第34回県民麻雀選手権大会」(主催:宮城県麻雀段位審査会、後援:社会福祉法人宮城県社会福祉協議会・河北新報社・東北放送株式会社、協賛:キリンビール株式会社宮城支店)が開催された。

この大会は、宮城県内各地から麻雀愛好者が集まり、宮城県の麻雀チャンピオンを決める歴史ある大会。今開催にも、県内各地から192人の選手が参加し熱戦を繰り広げた。

また、この大会は、2019年(令和元年)11月24日(日)に東京都港区新橋にて開催される「第34回全日本麻雀競技大会」への出場選手選考と、2020年(令和2年)11月1日(日)〜2日(月)に開催される「第33回全国健康福祉祭ぎふ・ねんりんピック岐阜2020『健康マージャン交流大会』」の宮城県代表選手選考(現在59歳以上の方で仙台市在住以外の方から4名)を兼ねて開催された。

大会は内島貴之・宮城県麻雀段位審査会委員の司会で進行。山岸次雄・宮城県麻雀段位審査会会長の開会挨拶に続いて、宮城県麻雀業組合連合会顧問である野田譲・仙台市議会議員が祝辞を述べた。 次に麻雀段位免許状交付式が行われ、齋藤忠雄四段、福士修平七段、櫻井強九段へ、高木輝延・宮城県麻雀段位審査会委員長より免許状が手渡された。

その後、協賛商社紹介や祝電の披露に引き続き、冨澤一博・宮城県麻雀段位審査会委員による競技規定の説明が行われて、50分打ち切り半荘4回戦の競技に入った。

競技終了後には、宮城県麻雀業組合連合会顧問である相沢光哉・宮城県議会議長が講評を述べて、出場選手たちの健闘をねぎらった。

熱戦の結果、見事優勝に輝いたのは伊藤浩さん(宮段審)だった。優勝の伊藤さんには、キリンカップ・河北新報盾・賞状・四段位認定証が贈られた。準優勝は黒沢雅之さん(大志会)、第3位は櫻井強さん(宮段審)となった。 なお、優勝の伊藤さん、準優勝の黒沢さんには「第34回全日本麻雀競技大会」の出場目録が贈られた。

優勝に輝いた伊藤浩さん(右)

準優勝の黒沢雅之さん(右)

第3位の櫻井強さん(右)

また、「第33回全国健康福祉祭ぎふ・ねんりんピック岐阜2020『健康マージャン交流大会』」の宮城県代表選手には梶川秀寿さん(福寿荘)、熊谷哲朗さん(福寿荘)、高橋十九男さん(宮段審)、今野道子さん(西湖)が選手された。

「ねんりんピック岐阜2020」宮城県代表選手。左から梶川秀寿さん、熊谷哲朗さん、高橋十九男さん、今野道子さん

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*