全国麻雀段位審査会は、麻雀を遊技・競技として、麻雀競技の品格及び技術の向上を図ることを目的に、昭和47年に発足し、現在では全国に8つの地区段位審査会を設置し活動を行っている団体です。

麻雀段位WEB検定スタート!貴方も麻雀段位獲得のチャンス!

一般社団法人全国麻雀段位審査会「第13回全日本高段者麻雀競技大会」宮城県仙台市で開催!
220名の麻雀段位高段者(四段以上)が日頃鍛えた腕前を競った!
平成30年7月8日(日)正午、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』『定禅寺クラブ』の2会場を使って、「第13回全日本高段者麻雀競技大会」(主催:一般社団法人全国麻雀段位審査会 運営:宮城県麻雀段位審査会)がスタートした。今大会には、一般社団法人全国麻雀段位審査会及び参加競技団体の高段者(四段以上)220名が全国各地から参加した。

この大会を主催する一般社団法人全国麻雀段位審査会は、正しい健全な麻雀の普及、麻雀競技の品格・技術の向上を図ることを目的として、麻雀段位免許・競技会・麻雀教室 の運営及び指導者の育成等を事業としておこなっており、今回で13回目を迎えた「全日本高段者麻雀競技大会」は、麻雀段位免許制度の理解と麻雀技量とマナーを若い世代へ継承し、指導者を育成することを目的として開催されている。よって競技に際し、「麻雀段位高段者としての技量を相互に研鑽する」「一般愛好者の範となるべく正しいマナーを身につける」「全国高段者間の交流を深め、親睦を図る」ことをテーマとした、名実ともに一般社団法人全国麻雀段位審査会主催競技会の最高峰に位置する大会である。

大会は、高木輝延・一般社団法人全国麻雀段位審査会委員長の司会で進行。山岸次雄・一般社団法人全国麻雀段位審査会理事長(定禅寺クラブ会場は中庸雄・一般社団法人全国麻雀段位審査会理事)の開会挨拶、野田譲・仙台市市議会議員の来賓挨拶につづいて楠田重頼・一般社団法人全国麻雀段位審査会副委員長(定禅寺クラブ会場は田端靖浩・宮城県麻雀段位審査会委員)が競技規定の説明をおこない、半荘全6回戦(各回戦50分打ち切り)の競技に入った。

大会開始1回戦目からいきなり、国士無双が飛び出す波乱のスタート。この後にも国士無双、四暗刻と計3発の役満が飛び交う乱戦となった。
この大熱戦を制して見事優勝に輝いたのは、木下均選手(4段、大志会)だった。準優勝は富樫芳次選手(4段、神奈川)、第3位は岡本節子選手(4段、岩手段審)、第4位は原健吾選手(4段、宮城段審)、第5位は村上春男選手(4段、岩手)となった。

詳細はコチラ
第33回国民文化祭・おおいた2018
第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会
「全日本健康マージャン交流大会」
ゲストプロ決定!

このほど、平成30年11月18日(日)に大分県豊後高田市『豊後高田市役所高田庁舎』(大分県豊後高田市是永町39番地3)にて開催される「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会『全日本健康マージャン交流大会』」の参加ゲストプロが決定した。

●スカルリーパー・エイジ(日本プロ麻雀連盟所属):大分県大分市出身。プロレスラーでありながら、大分市議会議員もつとめる麻雀プロ

●渡辺洋香(最高位戦日本プロ麻雀協会所属):大分県別府市出身。女性プロ雀士を代表する第一人者として、テレビや雑誌など、さまざまなメディアで活躍中。

この2人のゲストプロには、出場選手との交流に加えて、一般の麻雀ファンとの交流対局や特別公演などで大会を盛り上げていただくことになっている。

また、国文祭は6月1日(金)より、各都道府県の出場選手名簿の受付が開始され、続々と選手が決定している。

第33回国民文化祭・おおいた2018
第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会
「全日本健康マージャン交流大会」に向けた
主催3団体代表(一般社団法人全国麻雀段位審査会)
主管団体(大分県麻雀段位審査会)
豊後高田市実行委員会による連絡会議が開催

5月24日(木)、平成30年11月18日(日)に開催される「第33回国民文化祭・おおいた2018/第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」において実施される、生活文化分野の市町村主催事業「全日本健康マージャン交流大会」の開催市である大分県豊後高田市の『豊後高田市役所』において、主催3団体の代表者(一般社団法人全国麻雀段位審査会委員長:高木輝延、同副委員長:楠田重頼)と主管団体(大分県麻雀段位審査会会長:荒木篤司、同事務局長:林三郎)、豊後高田市実行委員会による連絡会議がおこなわれた。
この会議では、大会運営全般にわたる各議案について詳細に取り決めをおこない、本大会の成功に向けて協同で取り組むことを確認した。
「全日本健康マージャン交流大会」は、平成30年11月18日(日)に『豊後高田市役所1・2階フロア』にて開催。競技は2階フロアでおこなわれる。
上位12名が表彰され、優勝には文部科学大臣賞が贈られる。
以下、準優勝:国民文化祭実行委員会会長賞、第3位:大分県知事賞、第4位:第33回国民文化祭大分県実行委員会/第18回全国障害者芸術・文化祭実行員会会長賞、第5位:大分県議会議長賞、第6位:大分県教育委員会教育長賞、第7位:豊後高田市長賞、第8位:第33回国民文化祭豊後高田市実行委員会/第18回全国障害者芸術・文化祭豊後高田市実行員会会長賞が贈られる。
2月末時点での参加申し込み状況は全国33都道府県から定員の200名に達している。
また、本大会には視覚障害のある選手2名が招待参加。このことを通じて麻雀が、健常者も障害者も隔てなく交流できるツールであることをPRしていくようだ。
本大会には、土田浩翔プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)をはじめ10名の人気麻雀プロも出場し、各都道府県代表選手とも対戦する。
加えて1階フロアには、麻雀の歴史と文化に関する文化展示コーナーを設けて、大会開催の1ヶ月前より展示を開始し、豊後高田市民へPRを図るほか、大分県にゆかりのある人気麻雀プロを2名招聘して、一般観覧者や麻雀ファンとの交流を図る「ゲストプロ交流コーナー」が設けられる。
競技終了後には、豊後高田市の伝統芸能「草地踊り」が披露され、参加選手全員に市の名産品のお土産が参加賞として進呈される。
そして大会翌日にかけては、別府温泉・地獄めぐりのオプションツアーや、翌日の豊後高田市昭和の町散策ツアーなども併せて企画されており、健康マージャンを通じた地域間・世代間の交流と、大分県の魅力を体験できる、国民文化祭ならではのイベントとして成功に導くことを確認した。

「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わかやま2019」の最新情報を掲載しました!
「ねんりんピック紀の国わかやま2019」のホームページを公開しました!
最新情報はコチラ
全国麻雀段位審査会後援事業、「ねんりんピック富山2018」選手選考会を兼ねて開催! まだまだ間に合う!各県民の皆さま、大会にチャレンジしてはいかがでしょう!
第2回岐阜県知事賞争奪健康マージャン県民交流大会開催
平成30年6月16日(土)、岐阜県岐阜市『岐阜メモリアルセンター・ふれ愛ドーム』(岐阜県岐阜市長良福光大野2675-28)にて「第2回岐阜県知事賞争奪健康マージャン県民交流大会』が開催された。主催は岐阜新聞社・岐阜放送・岐阜県健康マージャン連合会、後援は、岐阜県・岐阜県教育委員会・岐阜県レクリエーション協会・一般社団法人全国麻雀段位審査会・一般社団法人日本健康麻将協会・日本麻雀連盟・岐阜県健康マージャン協会がおこなった。
また、この大会は、「第31回全国健康福祉祭・ねんりんピック富山2018」の岐阜県代表選考会も兼ねて開催された。
大会には岐阜県各地から264名が参加し、日ごろ鍛えた腕前を競った。
競技の結果、見事優勝に輝いたのは岸和男さん(岐阜市)だった。準優勝は秋田美代子さん(大垣市)、第3位は堀部敏明さん(各務原市)、第4位は三摩紘矢さん(大垣市)、第5位は猪飼修さん(岐阜市)となった。
そして、ねんりんピックの出場資格(60歳以上)のある上位成績者から選出される「ねんりんピック富山2018」の岐阜県代表選手には、岸さん、秋田さん、堀部さん、猪飼さんが選ばれた。
第2回岐阜県知事賞争奪健康マージャン県民交流大会
第28回(平成30年度)因伯シルバー大会・健康マージャン大会
「ねんりんピック富山2018」鳥取県代表選手選考を兼ねて開催

 平成30年5月26日(土)、鳥取県倉吉市『倉吉福祉センター第会議室』(鳥取県倉吉市福吉町1400番地)にて、「ねんりんピック富山2018」の鳥取県代表選手選考を兼ねた「第28回(平成30年度)因伯シルバー大会・健康マージャン大会」が開催された。
この大会は、鳥取県社会福祉法人鳥取県社会福祉協議会の主催、鳥取県健康マージャン連盟の主管、一般社団法人全国麻雀段位審査会の後援でおこなわれた。
 鳥取県内から44名の参加者が参加した大会は、阿部泰典・鳥取県健康マージャン連盟会長の挨拶でスタート。50分打ち切り半荘4回戦、一般社団法人日本健康麻将協会・一般社団法人全国麻雀段位審査会・日本麻雀連盟が定める「健康マージャン公式競技規定」に則って競技がおこなわれた。
 熱戦の結果、見事優勝に輝いたのは、開会式で「ぜひ、自分もねんりんピックに出場したい」と挨拶した阿部泰典・鳥取県健康マージャン連盟会長だった。準優勝は山本和典さん、第3位は高橋英雄さん、第4位は加藤勇さんとなった。
なお、鳥取県は、今回の富山大会が「ねんりんピック・健康マージャン交流大会」への初めての選手派遣となり、今大会の成績が鳥取県代表選手選考の参考となる。
第28回(平成30年度)因伯シルバー大会・健康マージャン大会
島根県健康福祉祭
島根県健康福祉祭「ねんりんピック富山2018出場選手選考会」
平成30年5月13日(日)
島根県松江市『松江市城西公民館』にて開催!

平成30年5月13日(日)、島根県松江市『松江市城西公民館』にて、島根県健康福祉祭「ねんりんピック富山2018出場選手選考会」が開催された。
この大会は、島根県健康麻雀連盟(協力:城西公民館・島根公民館)の主管で行われ、一般社団法人全国麻雀段位審査会が後援した。
島根県在住60歳以上(昭和34年4月1日以前に生まれた人)の52名が参加。一般社団法人日本健康麻将協会・一般社団法人全国麻雀段位審査会・日本麻雀連盟が定める「健康マージャン公式競技規定」に則り、50分打ち切り半荘4回戦で競技がおこなわれた。
熱戦を制して見事優勝に輝いたのは、木村修三さんだった。準優勝は石橋哲也さん、第3位は門脇正直さん、第4位は鐘築サカエさんとなった。
そして、成績上位4名には「ねんりんピック富山2018」島根県代表の権利が贈られた。(なお、代表辞退者が出た場合は、以下成績上位を繰り上げとする)
島根県健康福祉祭
新着情報

一般社団法人全国麻雀段位審査会第46回委員総会開催

平成30年6月3日(日)、高知県高知市『ホテル三翠園』(高知県高知市鷹匠町1-3-35)にて「一般社団法人全国麻雀段位審査会第46回委員総会」が開催された。 総会は定款第27条に則り、山岸次雄・全段審理事長を議長に選出し […]

コメントなし

島根県健康福祉祭「ねんりんピック富山2018出場選手選考会」 平成30年5月13日(日) 島根県松江市『松江市城西公民館』にて開催!

平成30年5月13日(日)、島根県松江市『松江市城西公民館』にて、島根県健康福祉祭「ねんりんピック富山2018出場選手選考会」が開催された。 この大会は、島根県健康麻雀連盟(協力:城西公民館・島根公民館)の主管で行われ、 […]

コメントなし

第13回営業環境適正化委員会

麻雀店の営業環境の安全と向上を目指して 全国の麻雀業関連事業者が活発な議論を! 全国麻雀業組合総連合会(齋藤正理事長)は2月22日(木)、大阪府大阪市『新大阪丸ビル本館』会議室にて、「第13回営業環境適正化委員会」が開催 […]

コメントなし

全国麻雀業組合総連合会「平成29年度第2回常任理事会」 一般社団法人全国麻雀段位審査会「平成29年度第2回常任委員会」 3月19日(月)神奈川県横浜市で開催

平成29年度の第2回全国麻雀業組合総連合会(齋藤正理事長、以下全雀連)常任理事会ならびに第2回一般社団法人全国麻雀段位審査会(山岸次雄理事長、以下全段審)常任委員会が3月19日(月)、神奈川県横浜市『銀洋ビル会議室』にて […]

コメントなし

ねんりんピック・国民文化祭共通 「健康マージャン公式ルールブック」発売中!

「タバコを吸わない」「お酒を飲まない」「お金を賭けない」 の3つのスローガンを掲げて、現在全国中で楽しまれている「健康マージャン」。平成19年(2007年)から正式種目として参加している「ねんりんピック」の愛称で親しまれ […]

コメントなし
 
地域からのお知らせ

麻雀段位検定(初段検定・二段検定)

WEB上で認定及び申請可能な段位検定は、麻雀初段検定・麻雀二段検定になっております。 ぜひ、ご自身の麻雀の実力を「麻雀段位WEB検定」でお試しください。※麻雀検定は何度でも無料で受験できます。

麻雀段位WEB検定

一般社団法人麻雀段位審査会に有段者として会員登録されます。免許状と一般社団法人麻雀段位審査会会員証が得られます。お住いの地域の競技会情報を得る事が出来、更なる高段位の取得が可能です。全国高段者大会や全日本大会など各地域の競技会で有段者割引を受けることが出来ます。競技会に参加し、厚生労働省主催の全国健康福祉祭や一般社団法人全国麻雀段位審査会の主催する全国大会の出場権が得られます。段位四段以上に昇段することで麻雀レッスンアドバイザーの認定を受けることができます。社会福祉活動において全国麻雀段位審査会員として活動することが可能です。