全国麻雀段位審査会(全段審)とは

全国麻雀段位審査会は1973年(昭和48年)に、正しい健全な麻雀の普及、麻雀競技の品格及び技術の向上を図ることを目的として発足した。

主たる事業として、「マージャンの普及及び振興」「マージャンに関する交歓大会等の開催」「マージャンに関する指導者の養成及び資格認定」「マージャンの技量検定及び段位免許状の交付」「マージャンに関するルールの制定」「全国健康福祉祭(ねんりんピック)後援事業」「自治体運営のマージャン教室への協力」「マージャンに関する図書の出版及び機関誌の発行」を行っている。
2016年(平成28年)には、「一般社団法人全国麻雀段位審査会」として法人化した。